社会貢献活動

パートナーシップイメージ私たちケイデンは、企業として社会的責任を果たすため、環境への配慮や様々な活動をしています。
また、「愛知県安全な街づくり・交通安全パートナーシップ企業」に登録し、企業や団体の皆様と連携し、安全で安心して暮らせる地域づくりを進めていきます。

活動内容

清掃活動 実施

昨年に引き続き、全社一丸での「近隣清掃活動」を11月28日(水)に実施しました。
今回も業務都合で欠席の社員を除く総勢50名の社員に参加頂き行われました。今回は、本社北側に位置する「老松公園」、本社西側に位置する名古屋商事駐車場北側の「公園」、本社東隣の「どんぐり広場」の3公園内を含む周辺道路の清掃活動を中心に実施しました。公園内は、落ち葉などの枯れ葉が目立ちましたが、全て掻き集める事はできませんでした。
環境委員会が行っている、10日・20日・30日の立哨活動や近隣清掃活動の影響もあり、空缶やペットボトル・空き瓶などは以前の実施時に比べ少なく、吸い殻が多く見受けられました。

清掃活動

インフルエンザ予防接種

インフルエンザの流行りとピークの時期は、その年によって異なりますが11月下旬頃から12月上旬頃に始まり、1月~3月頃に患者数が増加し、4月~5月にかけて減少していきます。その為、今年もワクチン不足が懸念されましたので、11月中の接種を産業医の先生に依頼。
今回は、2日間に分けて54名の方々に予防接種を受けて頂きました。
2回目の接種時に、産業医から「ワクチン不足になっており、予約以外の患者さんには12月下旬からの見込みだが未定」と伺いました。
徐々にインフルエンザが流行しつつあるので、予防接種したから安心せず、手洗いをしっかり励行するようにして下さい。
※社外で接種を受ける社員についても会社負担で対応しています。

100日間無事故無違反運動 達成

表彰状今年も、「100日間無事故無違反運動」に参加し、見事達成する事ができました。
1チーム10名で、期間は7月11日から10月18日まで。
参加期間中は、運動に登録されていない社員の皆さんも一緒に100日間無事故無違反に努めました。
愛知県下で237チームがこの運動に参加しました。
残念な事に、約3割のチームが何らかの違反・事故を起こし表彰には至りませんでした。
運動期間だけではなく安全運転意識をもって継続していきます。

交通安全講習会

11月14日に、惹起者と若者を対象に中警察署交通課長 西崎警視をお招きして、「交通安全講習会」を実施しました。
愛知県の交通事故情勢について及び事故の特徴についての説明と、ドライブレコーダーによる交通事故防止抑制の啓蒙をおこないました。
また、煽り運転を受けた場合は、①車内からでない!②すぐ110番通報!が大事だと指導ありました。

安全講習

エコキャップ 回収状況

エコキャップ皆さんから回収させて頂いた、ペットボトルのキャップをエコキャップ推進協会の回収業者へ持ち込みしました。皆さんのご協力ありがとうございました。
今後も全社をあげて継続していきますので、宜しくお願いします。
今回 約20,000個 / 累計 55,628個

2018年 キックオフ懇親会・新入社員歓迎会

副社長挨拶2018年4月17日、ローズコートホテルにて「2018年度キックオフ懇親会&新入社員歓迎会」が開催されました。
山内副社長より、前期の業績についての報告と、今期の基本方針などに触れ、働き方改革の推進と、設立70周年を迎えるに当たり、今後の向かうべき方向性など、共通認識として取り組んで頂き、「期末には是非とも今期以上の成果が得られるよう頑張りましょう」と心強い挨拶がありました。
全社員の方向性は一つ。
「目指すべき道筋」は再確認できていると思います。是非、今期末も「期末手当金支給」の権利を勝ち取りましょう。
2017年度「ケイデン賞」の表彰式及び新入社員7名の紹介がありました。

集合写真

安全運転管理モデル事業所に委嘱されました

安全運転管理モデル事業所6月17日に「平成26年度 安全運転管理モデル事業所」として愛知県中警察署長より、委嘱されました。
今まで以上に、交通安全の普及や交通環境の整備・交通安全活動への協力など、取り組んで行きたいと思います。

立哨活動と清掃活動を始めました

立哨活動毎月「交通事故死ゼロの日」の3日間(10日・20日・30日)本社西側の交差点に於いて、通学路での子供たちを、交通事故や事件から守るため、立哨活動を実施しています。
子供たちの元気な挨拶と笑顔を確認しながら登校を見守り、また、地域への防犯を兼ねて、地域住人への挨拶など声掛けも行いながら、近隣清掃活動を行っています。

消防訓練の実施

消防訓練もしもの時に備えて、消防訓練を実施しました。 非常ベルを鳴らし、消火器や消火ホースの使い方のレクチャーを受け、実際に放水しました。

衝突体験学習

衝突体験学習
日本自動車連盟(JAF)様の協力のもと、従業員の交通安全教育として、本社にてシートベルトコンビンサーによる衝突体験学習と座学講習を行い、危険予測とシートベルトの重要性を改めて、理解することができました。

ペットボトルキャップと使用済み切手の回収

ペットボトルキャップと使用済み切手ペットボトルのキャップを回収始めました。CO2の削減にしたり、また、ボランティア活動として、使用済み切手を集めたりしています。