採用情報

2018年度インターンシップ

「インターンシップ」と言えば、一般的には学生に就業体験の機会を提供して、仕事の内容を理解してもらう制度のことです。
学生にとっては、会社で実際に働くことにより、仕事のイメージを明確にすることができ、自分の適性や将来の進路を決めたり、仕事への適応力を身につける貴重な体験になります。
また、会社にとっても事前に職場を知ってもらうことで、大学との連携を深めたり、優秀な学生の採用につながることがあります。

名古屋短期大学・現代教養学科+UPインターンシップ(7月6日)

今年度も1DAYインターンシップとして、名古屋短期大学から4名の学生に参加を頂きました。
インターンシップと言っても、半日の受け入れと言う事もあり、オリエンテーションでの会社概要や各部署の説明の他、社会人に必要な心構え、OG社員との意見交換等を行いました。
実際に業務に触れて頂く事はありませんでしたが、先輩社員の業務姿などを見学してもらいました。

名古屋短大

中部大学(8月20日〜8月31日)

今年度も、中部大学からインターンシップを受け入れ、約2週間と長期でしたが無事終了することができました。
オリエンテーションでは会社概要や各部署についての説明、ビジネスマナーなどの説明を行い、一宮とつるまいの各倉庫を見学。
初日から最終日までの全ての取り組みに対して、諸先輩方に都度質問などを通じて、十分なコミュニケーションを図りながら、課題を遂行して、完成に至っております。
今回の成果としては、学生に対しては、目的や目標を明確したことで、「目的を果たす」という意識を共有した実習を行うことができ、また社会人に必要な心構えやビジネスマナー、中小企業で働くことの魅力などについても直接学生に伝えることができたと思います。
指導する社員は、学生たちにアウトプットする事で、社員自身の自己成長につながる機会となった事と思います。

中部

採用情報へ戻る